サブメニュー

2016年07月12日

大きな勘違い

ジュニア、ジュニアユース、ユース

9年目にして、ついに育成3カテゴリーが繋がりました。

本当に選手、保護者、これまで関わっていただけた方々、全てに感謝です。

100名を越す選手の人生を左右すると思うと更に責任を感じます。
とにかく全力でやります!
これからもよろしくお願いします。

さて、今日は
とても残念なお知らせ。

そして、ジュニア年代の危機を感じました。

ある大会で勝ち抜いたチーム

1位通過なら強豪チームと対戦
2位通過だと、都大会に出られる可能性がある相手

最終戦は勝てば1位、負けたら2位
だったそうです。

もちろん、そのチームは全力で戦い、勝ち、1位となりました。

ただ、選手の話によるとわざと負けて都大会進出を目指すチームがあると聞きました。

具体的な名前も聞きました。

指導者の指示で負けを命じ、選手から本気の戦いを奪ったそうです。

なぜなら都大会に出たいから。

はっきり言います。

このサッカー業界から消えてください。
そして2度と指導者を名乗らないでください。
名将とでも呼ばれたいのでしょうか?

少なくとも、僕とは違う考えなので話かけないでください。
関わらないでください。

育成年代の大会はなぜあるのか?
勝ってあなた方が褒められる場所ではありません。

ジュニア年代のサッカーは大人に汚され過ぎているようです。
早く、全国大会が廃止になりますように。

遅れた七夕の願いです。
posted by L・S・S at 02:13| L・S・S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。