サブメニュー

2011年06月07日

お久しぶり

坊主界のロン毛なフィジカルコーチ
川畑です。
ブログ書くのお久しぶりです。


昨日の練習のレベルの高さにビックリ
やろうとしてることが、もんもん悩んでることが、小学生じゃない…(゜ロ゜)

いぬ間にブラジル体操が浸透しつつあることにうれしくなりました。
ナチュラルインしている中学生に嬉しくなりました。
相変わらず元気な選手に嬉しくなりました。
相変わらずヒモがほどける選手がちらほら…(笑)
突き上げせねば!!!

選手のみんな気をつけてね!
posted by L・S・S at 23:29| フィジカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

チームワーク

この時期恒例の箱根駅伝!(サッカーのコーチですがなにか?…笑)


18年ぶりに早稲田大学が優勝しました。

テレビの中だけでも様々なドラマがありましたね。


東洋大学のとある選手が、往路優勝後のインタビューで
「○○やったぞー!!」
と、涙ながらに叫んでいました。
○○君は翌日走る同学年の選手で、叫んだ彼は今シーズン、スランプに苦しんだそうです。

詳細がわからなくとも、○○君に支えられてインタビュー台にいるんだなということがわかりますね。

スポーツには、見えないドラマがそれぞれたくさんあります。
見えない力が選手の足を動かすんですね。
そんなドラマを一緒に作った仲間がいるから、どんなことも乗り越えられるんですね。
ドラマは日々の些細なことから積み上げられていきます。
これぞチームスポーツの醍醐味ですね!


さあ、明日から冬の合宿です。
同じ釜の飯を食い、同じ風呂に入り、同じ部屋で寝、サッカー以外のところでもチームワークを深めて行ってください!
選手のみんなが更に成長して帰ってくるのを楽しみにしています。

川畑
posted by L・S・S at 22:15| フィジカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

足は縁の下の力持ち

ここに二枚の写真があります。
どちらも靴を履いている最中です。
違いはなんでしょうか?



片方は結んでいる方の足に体重を乗せています。
もう片方はお尻をついて結んでいます。

何気ない二つの履き方ですが、足の形が大きく違うんです。
前述は片足に体重がかかり、足幅が広くなっているんです。
後述はお尻に体重がかかり、足幅が狭くなっています。
裸足の状態で二つの姿勢をとってみてください。
違いがわかると思います。

何でこんなことをクローズアップしているかといいますと、怪我予防に繋がるはずたからです。

プレー中ほぼ足が地面に着いた状態で、足は幅が広い状態にあります。

この状態に合わせずして靴を履いてしまうと、きつく絞められた状態になり、足にストレスになってしまいます。


現在建設中のスカイツリーは何故あんな高さまで立てられるのでしょう?
ただ今〜m!と頂上に目を向けられがちですが、
高さ0m付近の土台は日々変化する、高さや重さに適応しています。

人も建物も同じです。
状態の変化を受け入れてあげましょう!
そして、靴の履き方を今一度見直してみてくださいm(__)m


川畑
DSCN1159.jpgDSCN1160.jpg
posted by L・S・S at 22:44| フィジカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。